*帰ってきた TOZY official blog*

~ 続・ずんべらぼん で がはは な 日々 ~

TOP | RSS | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元万歳

今日は加古川の麦収舎さんで唄ってきた。

CDもよく売れた おおきに!

2ステージ目では
あるファミーリーの子供さんが
チップまでくれてね(笑)
きっとお父さんに言われたんだろう
チップといっても 結構な金額だったので
TOZYのCDをお返しに持って帰ってもろおうと
そのファミリーのとこに挨拶に行くと

なんと!! おっさんだと思ってたのは
中学校の同級生だった!!
お互い中学以来だったから お互い解らなかったけど
やっぱお互いええ歳になってたなぁ がはは

なんか その気前ええなと思ってたおっさんが
自分の同級生だったことが 嬉しくてね 
最近 意図的じゃなく偶然に
同級生の優しさに再開することが多い
わが 母校は やっぱ素敵で粋なやつらが多い

やんちゃもんばっかやったけど
わぇは やっぱ加古川が好きだ

ありがとう 我が友よ
また 飲みに行こう
スポンサーサイト

ある夏の夜のこと

それにしても 今日は 
やたらと月のきれいな夜だなぁ
肩落として情けなく歩く帰り道
酔いしれて 口笛ふいて あの頃を眺めて・・
確かいつかも こんな夜を
こんな夜を眺めたなぁ・・・

電車は今日も背広戦士達の疲れを
ゆりかごみたいに ゆらゆら眠らせて
俺もあの時、右じゃなく左に行ってれば 
同じように すやすやと眠れたかな
いつか喧嘩別れした あの社長さんは この俺を・・。
ほらみたことかって きっと、笑い飛ばすだろうな

こんな夜は誰かと
バカしてたいけど
また 虚しくなるから
携帯の電源はきって
産まれた時みたいに眠ろう

それにしても 今日は 
やたらと月のきれいな夜だなぁ
肩落として情けなく歩く帰り道
酔いしれて 口笛ふいて あの頃を眺めて・・
確かいつかも こんな夜を
こんな夜を眺めたなぁ・・・

路地のどこからともなく 鈴虫の唄が聞こえる
夏の終わりのハーモニー とてもやさしく 奏でてる
そうか もう夏も終わりかぁ・・ それで心が寒いんだなぁ
けど、虫たちのやさしい唄は今は ちぃ~と染みすぎる

こんな夜は誰かと
バカをしてたいけど
きっと 悲しくなるから
携帯の電源はきって
産まれた時みたいに眠ろう・・・

それにしても 今日は 
やけに月がきれいな夜だなぁ
肩を落として情けなく歩く帰り道
酔いしれて 口笛ふいて あの頃を眺めて・・
確か いつかも こんな夜を
こんな夜を眺めたなぁ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。