*帰ってきた TOZY official blog*

~ 続・ずんべらぼん で がはは な 日々 ~

TOP | RSS | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご褒美

何故、こんなにも楽しいんだろうかね?

楽しいぜ

気持ちいいぜ

いきそうだぜ

お買い物

お買い物

前々から 欲しかったヘッドフォンを
買っちゃった

貧乏なのに
買っちゃった
がはは

ビジュアル重視のイカス奴
音響屋さんみたいな
DJみたいな
イカス奴

嬉しくて聴かない時もつけてます
当分音はすべてヘッドフォンで聴くだろう

たまには 自分へのご褒美を
何かと理由をつけて ご褒美を

たまにね 
そう たまにね

無理のない程度に

それでまた 
頑張れるくらいの ご褒美を

DSC00742.jpg

スポンサーサイト

やすみ

久しぶりや

何もない週末や

のんびりする

のんびりしすぎて

気がつけば

また休日が終わってしまう

そうならない程度に

のんびりする

休みが必要だ

民生がそんなん唄ってたぞ

わぇもそう思う

coffee&cigarette

夏が終わったと思えば
あっちゅ~まに 9月も終わる
今月もようさん唄ったなぁ
また来月にビクビクするんや(笑)
そんなことを繰り返してる
そんなことを繰り返してる

家族があるから
繰り返せるんだろうし
家族があるから
迷うことがないんだろう
家族があるから
頑張れるし
家族があるから
わぇは わぇでおれる
くるくる
くるくる
ハムスター
くるくる
くるくる
ハムスター

たまに 夫婦で目が回る
くるくるしすぎて目が回る

だから
たまには 流れに逆らって
地球と反対周りで

自分達へのご褒美を
はずかしいくらいの愛の言葉を

たまにはそんな時間がいるんや

20060927010537.jpg

ジジイとオヤジとトージーと

先日 知人の紹介で
憂歌団やBEGINの歌の作詞をしてる塔大介さんに会った。
素敵なジジイだったなぁ

その帰りにその知人とピアニストの木村卓也さんと飲みに行った。
素敵なオヤジ達だったなぁ

今までも何度か大御所を紹介してもらうことってあったけど
昔の自分なら恐縮して話をあわせるか
ただただ 尖がるかなかった。
それは ただ自分に自信がなかったからやね。
守るすべがそれしかなかった。
今も自信はないけどね。でも誇りがあるからね。
平気で 
「今日は尾崎豊のモノマネの仕事でした」と言えた。
がはは
こんなこと書いちゃ 
またTOZYは何でもありかと思われるだろうけどね
みんなが喜んでくれるなら 
何でもありだ
わぇは天才じゃないからね
与えられた 仕事なら 何でも精一杯する
それがプロやと思うねん

そう思えるようになって
わぇは少し変われた
まだまだ未熟だけどね
とにかく 明日も生きなあかん

素敵なジジイと素敵なオヤジ達みたいに
少しでも近づきたいわ
おおきに ジジイ&オヤジ達

自称・庶民派代表

わぇは 自称・庶民派代表と自分で言ってる
何故こんなこと言い出したのか 記憶はあまりない
気がつけば そう言っていた。

はっきり言ってダサいキャッチコピーである
実際 よく舐められたし よくバカにされた
感心してくれるありがたい方々もたくさんいた。
お客さんにはスタッフと間違われること多々(笑)

最近 少しこのキャッチコピーが誇りに思えてきた

確信に変わってきたのである 
格好をつけようが 何しようが
わぇは 本当に 垢抜けないのである
何を唄おうが お好み焼きの匂いがするのである

フランス料理みたく品もなければ
イタリアンのようにカジュアルでもない

お好み焼きなのである ソースの匂いがぷんぷんなのである
でも チーズものせるし シーフードものせる

でも どうあがこうが 最後には
ソースをべったりかけ 青海苔と鰹節とマヨネーズなのである
そんな 唄を唄っていきたい
そして それに誇りを持っていきたい

お好み焼きをおいしそうに食べる
みんなに 会いに行こう

いつか 自称という文字が無くなり
みんなに庶民派代表と言われる日が来たら
その時は 自分を褒めてあげたいと思う

雨に唄えば

忘れてるわけじゃないけど
忘れてるんやなぁ 
一生懸命さを
わぇはどうやら すぐ忘れる
その意味を思い出させてくれるのは
お客さんやね 

わぇはきっと また
忘れてしまうんやなぁ
この一生懸命さを
ほんで また 思い出させてくれるのは
あったかい あったかい お客さん

雨がこんなに気持ちよく感じたことは少ない
こんな 雨もあるんやね
雨は嫌いやけど 今日は 好きになった
これからも好きになれるかもしれん

お天道様 ありがとう
みんな ありがとう
20060918015524.jpg

以心伝心

想いが乗った唄が 

空間をユラユラ飛んで

誰かに 伝わっって

共鳴した時 

唄が微笑んで 踊りだす

あの瞬間が

たまらなく ええね~

何度も味わいたいね~

最高に心地ええ

魁・豆耳塾

今年の4月だったかなぁ 表現の塾をやらせてもらった
わぇなりの表現の解釈だから わぇの中での正解を
皆さんにお金を出して聞いてもらった おおきにでした。
次は10年先ぐらいに 同じことやりたい
また わぇの屁理屈聞きたい人は来てね!!

その時にみんなに渡した豆耳塾表現参考書(とは言っても1枚の紙切れ)を
現在 わぇ自身が迷いそうになった時 もう一度見つめなおしてみると
なるほど!!と自分が書いた言葉に蹴飛ばされる
かなりのナルシスト&調子のりですわ(笑) がはは

わぇの唄をもちろん 人に褒めてもらいたいんだけど
わぇの場合、褒めてもらう為の唄には
不思議と唄う声の後ろから押す力はないねん
凝り固まりすぎてもあかんけどね
こしのない うどんだ!!
それが おいしい時もある!! どっちやねん

ただ わぇには プレーで魅了するだけの技量がないから
やっぱ 自分さらけ出してを唄うしかないんやなぁ
きっと ある意味ダサいだろが わぇにはこれしかないのだよ!!
もしも、自分がもっと格好いいプレーで魅了できたら 
きっとこんなこと書いてない 音楽はテクニックだ!!なんて
大声で言っているにちがいない!!うん 間違いない!!
実際それも正しいと思うし、感動するしね
だから わぇは やっぱり 今できることや 今感じることを
そのまま唄うのが一番 自分にとっては表現してるって言えるんやろね
そして その変化していく表現が 誰一人にも届かなくなったら
その時は終わる時や 足を洗う。

そうならないように 自分に正直に唄っていこ
それが案外長く唄っていけるような気がしてる 根拠はないけどね

ずっと唄っていられるように
今日も届けにいくので 響いたら この指とまれ!!

表現
心理的、感情的、精神的などの内面的なものを、
外面的、感性的形象として客観化すること。
また、その客観的形象としての、表情・身振り・言語・記号・造形物など。
「情感を―する」「全身で―する」


表現は自由なのだぁ
生きるとは喜怒哀楽なのだぁ
日常の喜怒哀楽を捕まえた時
表現は始まるのだぁ
すなわち
人は みんな 生きてるだけで 表現者なのらぁ

難しいと思えば 難しくなり
簡単だと思えば 簡単になる
すべてはあなたの心のまま

想 イメージして
捕 それをキャッチして
描 表現する

※これはあくまで TOZYの持論です

豆耳

髪の毛

ステージでは帽子をかぶってるからええねんけど
最近ボーボーに伸びた髪の毛がうっとうしい~
なので バッサリ切りたい今日この頃


いくつになっても格好つけたいし、格好いいと思われたいが
わぇの場合 腹はでてくるし 男前からは程遠いし

なので違う本当の男の格好よさを追求するしかないのだよ 

がはは・・・

高速道路を走る時のタイヤ空気圧は高め
下道を走る街乗りのタイヤ空気圧は普通

要はそのスピードに対しての空気圧なんやね

自分へのプレッシャーのかけ方も似てよなぁ~
誰も走りに応じた 圧で生きてる

今日プロレーサー高崎保浩に会って そんなことを感じた

ホコリのかぶってた誇り

こないだのシンガーソングライターズのイベントに出演したあたりから
また 自分の中で何かが変わり始めてて
それが 何かは解らなかったんだけど
アコギでエエやんに大柴と二人で出演したステージで
その何かが解った 
このステージをするにあたって
大柴とせっかく二人でするから 何か唄を作ろうと できた曲が 
「シンガーソングライター」
不思議なもんで 唄に自分が探してたことを再確認させてもらった
自分達が書いた詩であり曲であるのに
確信に変わるというか そのステージで曲を理解できたというか・・
僕にとって唄うことは・・・♪ 自分の中で何かが弾けた

埃のかぶってた誇りが キラキラ綺麗になっていく感覚やった

何で唄ってるんやろうなんて 普段考えないし
ようさん理由なんてあるけど
今 そんな 質問されたら一番にこう答えるわ

「わぇは唄うことが好きやねん」

アコギ=藍田真一

藍田真一のイベント アコギでエエやんに
TOZY&大柴広己でシークレットゲストとして参加してきた。

その昔 
関西アコースティックと言えば??藍田真一と言われた
わぇが初めて共演した時 
彼の周りには たくさんのファンがいたのが印象的だったなぁ
あと チラシがええ紙使ってたんも印象的だった(笑)
そんな彼が1年半の活動休止から復活

同業者として言わせてもらえば 休むって、かなり度胸のいることやねん
しかも人のことは言えないが ええ歳である

人間が成長する時って一度 縮むやろ?
ほんでまた大きくなる人もおるし
そのまま 埋もれてしまう場合もある
それは すべて 本人次第

藍田真一は見事に あの頃の輝きを放ってたなぁ
この1年半の間 休んでたんじゃなく
さがしてたんやな しっかり何か見つけてたわ
これからの藍田真一に期待してます

これは わぇの勝手な感想なのでね
えらそうだったらごめんなさい 

ええ夜でしたわ!!藍田君おおきに!!

プロフィール

僕には昔から 苦手なことがあります
それは何かと言うと 履歴書を書くことです。
最終学歴は高卒で 資格は車の免許くらいで・・
自慢できるほどの特技も武勇伝もない・・

そんな僕だけど
ひとつだけ 躊躇わず 書けることがある 
油性のマジックで
太い字で「あなたに出会えた」と書きます

この履歴書を誇らしく持って 
あなたの心に提出しに行こう
採用の判子はkissでして
I wanna marry you Yes I do

こんな僕だけど
もうひとつ 迷わず書けることがある 
油性のマジックで
太い字で「あなたが好き」と書きます

どの面接官より手強いパパにさえ
全然怯まない 強い想いです
油性のマジックで書いたから
二人の愛の魔法は消えることはない

この履歴書を誇らしく持って 
あなたの心に提出しに行こう
採用の判子はkissでして
I wanna marry you Yes I do

名機明記

機械音痴のわぇだけど
今年は少し違うのだ!!
まず パソコンに写真を送れるようになった!!!!
DLをダウンロードと理解できるようになった!!!!
JPEGをGIFに変換できるようになった!!!!
MP3でメールを3回した!!!
そして調子にのって MP3プレイヤーも購入した!!!
(現在 カーステレオとして大活躍)
などなど・・・・
きっと 一般ピーポーなら 簡単なことなんだろうけど
わぇにとってはほんま 大変なことなんです。

そしてまた便利なグッツをゲットしました!!

TOZYは録音が大嫌いなのです
正確に言うと 録音機材が嫌いなのです
ほんまややこしい なんやかんや 
DEMO録音はパッと唄ってパッと録れればええ
だから DEMO録音はいつもテープレコーダでした

ですが そんな 録音機材苦手なTOZYでも使える
簡単で 更に 音も最高にええ!!
EDIROL R-1
DSC00729.jpg

これは使えるで! 
基本的にボタンが少ない!!これ最高!!

大事にします 

めんどくさがりの人や機材の苦手な音楽家にはお勧めです!!

塩梅

今年のテーマは修行なのです
だから 今まで生きてきて「これは苦手だ」と思うことを
なるべく 実行するようにしてる。

今年に入って もう半分以上過ぎたけど
やっぱり 嫌なものは 嫌だったり
意外にやってみたら 好きになれたり
きっと 食べ物と同じかもしれんな
歳をとって旨さがわかる 食べ物もあるし
どうしても やっぱり苦手なやつもあるし

今年は 何でもやってみようと思うのです
32歳という おっさんやからこそ
威張らずに 若い子に混じって 同じ土俵でね
やっぱり 若い子の勢いに負けちゃう日も多くてね(笑)がはは
歳や名前や音楽歴なんか 同じステージ立ったら関係ない。
だから 粋のいいやつらの中で まだまだ
キラキラできるように 精進精進の日々です

勝ったり負けたりの日々は正直しんどいし
できるなら毎日勝っていたいけど
勝ったり負けたりで 人生ちょうどいいんだ

愛いっぱい

今日は結婚式で唄ってきた
普段は 唄うだけで それ以外は何処かで待機してるんだけど

知り合いの姪っ子ということもあり
新郎新婦のありがたい計らいで 
披露宴の全編参加させていただきました
 20060904005021.jpg

わぇは新郎新婦とも まだ数回しかあったことがなく
彼らのことは殆ど何もしらない

だけどね 披露宴会場の空気で
彼らの人間がどんなんか わかったなぁ 
会場の全員の愛が溢れてた 
みんなが本当に心から祝福してるのが ビンビン伝わってきて

唄う時もすごく気持ちが入ったなぁ

式が終わる頃には 新郎新婦の愛 両親の愛 みんなの愛が
なんか一つになって
わぇまでウルッときてしまったわ
唄で感動させるつもりが こっちが感動させられてしまった

なんか 大事なことを再確認させてもらえました
ありがとう

ほんとうに素晴らしい結婚式に呼んで頂き感謝
おめでとう 末永くお幸せに 保守君 かおるさん
 20060904005045.jpg


アボガドバンザイ

knaveのイベントに来てたお客様からの声
「アボガドの唄 最高でした」
「アボガド今度 その食べ方で食べてみます」
「アボ~ アボ~」
などなど・・
そのうち ジャイアンの人と言われたみたいに
アボガドを連呼するおっさんと言われる日も近そうだ
いいのか 悪いのか うん! よしとしよう
そして 同じくライブの日
わぇに1冊の本をくれた方がいた
包装されていたので 楽屋で包みをはがすと
20060904003515.jpg

本の表紙のタイトル「アボガドバンザイ」と書いてあって
かなりやられた!!
偶然アボガドの唄を唄った日に アボガドの本をもらって
幸せな気分だったぜ おおきに

アボガド バンザイ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。