*帰ってきた TOZY official blog*

~ 続・ずんべらぼん で がはは な 日々 ~

TOP | RSS | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真心ライブ

ドイツ菓子ホーゲルさんでのライブ
わぇの生徒さんのデビュー
ええ感じやったなぁ
表現って嘘つかないんですよ

だからその人が唄う声に すべて詰まってる

例えば 間違えてたとしてもええんです
間違えた後に お客さんが笑ってくれたり
頑張れって思ってくれたり 
ほんで一生懸命唄うから 
その空間も最高のライブやと
わぇは思う

プロの超一流のガリベン音楽家君達には絶対真似できない
空気感を 生徒さんは見事につくってたなぁ

料理でも 物創りでも すべて同じなんやと思う
要は基本は「真心」ですわ

心の無い奴が どれだけおいしい物つくっても
なんだか味気ないもんね それって直感でわかる

ええライブでしたよ 社長!!お疲れ様です

次はクリック練習しましょね!
わぇも苦手やから 一緒に頑張りましょ がはは

DSC00786.jpg

スポンサーサイト

ライブ告知

あと28年後なのですが
わぇには夢があります

60歳になったら
普通にライブハウスのブッキングに出て
赤いチャンチャンコを着て
「ジャイアンに習え」を熱唱します

ミックジャガーにも負けない テンションで
唄うのでどうぞよろしく!!

詳細決まったら発表します

来て下さる方は チケット取り置きしますので
「live ticket」より予約してください
受付で名前言うてくださいませ
前売り料金で入場できますので!!よろしくです!

これが実現したら 頭 なでなでしてね

生徒さんデビュー

いつもギターを教えている生徒さんが
この度 TOZYライブに出演します!!
今日その最終リハーサルをしてきたんやけど
ものすごくええ感じでした!!

わぇがギターを教えるなんて
ほんま変な感じや
本職の先生が聞いたら笑うかもしれんなぁ
そやけど
わぇの経験してきた ライブの楽しさとか
音楽の素晴らしさを感じてくれたら わぇは満足です

生徒さんが
「最近 ギター弾いて唄うんが楽しい」と
いってくれる言葉に
音楽の原点を思い出させられますわ おおきに
ええライブにしましょね!ホーゲルの社長!!

★10月29日(日)
加古川 ドイツ菓子ホーゲル
スタート 19:00~
チャージ 1500円(ケーキセット付)
住所:高砂市米田町神爪2-10-1
電話:0120-431-7634
ケーキ最高にうまいですよ(笑)

写真はリハーサル風景です
20061027022632.jpg

ラブ~ン乱文

昔は過去の痛みや栄光にすがってったなぁ
具合が悪くなっては、すぐ昔を引き出しから
引っ張り出してきては 浸ってずぶぬれてた
今も今で相変わらずだけどね
ちょうど1年前チキンでワンマンしたことすら
すっかり忘れてた。
知らせをもらって初めて気がついた
「そうか・・・はやいもんやなぁ・・」と
そんな大切な日を忘れるくらい がむしゃらな自分が
少しは成長できたかも・・とニンマリ(笑)

昔よりやっぱ今が最高と思えるように
信じた道を一歩づつ
アメニモマケズ カゼニモマケズ
アメニマケテ カゼニマケテ
3歩進んで2歩下がり 2歩進んで3歩下がり
結局 進めてない自分にオロオロし
同じところをくるくる回る
それでも 大空を眺め 自分を信じて
両手を高く大きく広げ
泣いたり笑ったり怒ったりしながら
でもやっぱ 笑いながらくるくる回る

頭に流れる不思議な呪文

くるくるくるくるハムスター
くるくるくるくるハムスター

いつか飛べたら その足で 嫁をハワイに連れて行こう

無事暮らす師走ソング

暦は もうすぐ12月
速さに驚いて足を止める
カレンダーには こう書いてある
ゆっくりいけばいいと

夏過ぎ秋過ぎ じき師走
今年を何気に振り返り
心の引き出し覗いたら
しばらく 苦笑いが続く

明日は明日の風が吹く
鬼さん 笑ってそう言った
だから僕は強がって
「手の鳴る方へ」と今日を唄う

街中もうすぐクリスマス
流れる音楽に足を止める
楽しげに唄うは ジョンの声
Let's hoop it's a good one

夏過ぎ 秋過ぎ クリスマス
キャンドルライトの灯りで
心のノートを覗いたら
君との日々でいっぱい

毎日まるでクリスマス
君が笑って そう言った
だから僕は はにかんで
「灯が消えぬように」と君を唄う
everyday

暦は もうすぐ12月
夏過ぎ秋過ぎ じき師走
いろいろあるけど 無事暮らす
毎日がまるで クリスマス

どうもありがとうございます
 

マルカ?マルダ!!

カルママルカ?
ダルママルダ!
ダルママルカ?
カルママルダ!

カルマを探してダルマになって
ダルマになったらクルマに乗って
昼間にビルマの僧侶に会った
ワディアミーン?ジルバダンシン 我挙動不振

カルママルカ?
ダルママルダ!
ダルママルカ?
カルママルダ!

さらば ダルマ こんにちは カルマ

カルマに会ったらダルマが説けて
ダルマが説けたらクルマに乗って
ビルマの僧侶に別れのサルサ
手にはビンホルマリン浸けカルマビン

さらば ビルマ おはよう カルマ

カルママルカ?
ダルママルダ!
ダルママルカ?
カルママルダ!

果てしない宇宙の中で
君がいて僕がいる必然 
飯は旨くて 空は青い
これ以上はきっともうけもの
それでいいのだ
それでいいのだ
それがマルカ?
それがマルダ!
それこそがマルダ!

ミスチルミチル

「近頃のニュースにはウンザリする」と
思い初めてから もう随分 経ってるよなぁ
ウンザリするニュースが毎日TVから流れてるから
もう免疫ができてしまってる。
ちょっとや そっとじゃ 他人事だ。
自分の身に降りかかって初めて 悲しみや怒りを覚える
メディアのせいか それが連鎖反応を起こし
似たような事件や事故が しばらく続く

「都会では自殺する 若者が増えている」と

井上陽水は唄ってたけど

今はもうそれどころなじゃない

傘は腐るほどあるのに

雨をしのぐことができん


自分も含めて
子供達に偉そうに言う前に
大人達が大人にならないと
教育なんてできなんじゃないやろうかな?
ミスチルは好きやけど
今の大人って みんな Mrチルドレンなんやろうなぁ
子供らには 何の罪もない

ミスチルミチテ
ミスミチル
ミルミルミチテ
チルチルミスチル

ミスチルミチテ
ミスミチル
ミスヲカクシテ
チルチルミスチル

ミスチルミチテ
ミスミチル
アスハカガイシャ
チルチルミスチル

ミスチルミチテ
ミスミチル
ミルミルミチテ
チルチルミスチル

やわらかい夜

不器用な人間ばかりや
ほんまに ややこしい奴らばかりで
だから 腹立たしく
だから 愛しい
折れ曲がった錆を隠しながら
粋がってる奴らが好きや

いつも誰にも いい人でいたいけど
そんないいかげんな 嘘つきにはなりたくない
だから 遠回り
声は  空回り
折れ曲がった道を手探りで臆病に
粋がって歩く奴らが好きや

ブルーハーツの「リンダ リンダ」みたく
溝鼠みたいに美しくなりたい
だから 生臭く
だから 愛しい
折れ曲がった夜が愛しく思えた
冬がそこまで 顔を出す街で

これからもきっと 真面目にデタラメな
毎日を粋がって過ごしてゆこう
だから 空しく
だから 愛しい
折れ曲がった明日さえ 愛しく思えた
とても やさしい夜の街で

音楽でお金を稼ぐ方法

先日 若いミュージシャンに質問されました
「どうやったら音楽で稼げるようになるのですか?」と・・・
とてもリアルな質問や!!

お金を稼ぐことはしんどい
わぇなんて5000円稼ぐのにひぃ~ひぃ~言うてる

当たり前やけど みんな働いてる
そのほとんどが好きなことばっかりしては稼げない
頭を下げたり 得意先にボロカス言われたり
上司とそりがあわなかったり 
体を使った肉体労働したり 
長距離を眠らず運転したり
みんな必死でお金を稼いでる
わぇも 必死で稼いでる

みんなが汗水たらして必死になって稼いだお金の中から
CDを買ってくれたり ライブに来てくれたりするねん
そのお金は めちゃめちゃ輝いている
もちろん多ければ多いほど 嬉しい がはは

昔は就職もしてボーナスもしっかりもらっていたが
仕事を理解してなかったような気がする
その時 勤めてた会社の社長に
「自分の給料は 自分で稼げ!!」と
よく言われたもんだ
もちろん精一杯頑張ってたけど
その 言葉が今になって痛いほど染みるなぁ

それでは
質問の答えをわぇなりに考えたが

ここからは おっさんの戯言なので・・
半分は流してください

若いミュージシャンに
「どうやったら稼げるようになるのですか?」
の問いに 偉そうに答えさせて頂きます

味噌汁の詩

初めて君が 家に来た時に
作ってくれた味噌汁を 
おおげさに おいしいと言った。

君が育った家は白味噌で
僕の育った家は赤味噌で
そんなことは 関係なかった
君が作ってくれるから おいしいと言えた

やがて二人は暮らし始め
毎日作ってくれる味噌汁に
いつしか 僕は注文しだした。

君が育った家は白味噌で
僕の育った家は赤味噌で
互い譲れず 喧嘩になった
大切なことを 僕らは忘れてしまった

それでも今日も君は僕の為にせっせと
うまい味噌汁をつくろうとしてる
忘れかけてた 大事なこと思い出した
 
君が育った家は白味噌で
僕の育った家は赤味噌で
そんなことは 関係なかったなぁ
愛する君が作るから最高なんだ

初めて君が 家に来た時に
作ってくれた味噌汁を 
おおげさに おいしいと言った。

君が育った家は白味噌で
僕の育った家は赤味噌で
そんなことは 関係なかった
君が作ってくれるから おいしいと思った

あれから何十年経って
今日も当たり前のように
君は味噌汁を作ってる

君が育った家は白味噌で
僕の育った家は赤味噌で
今の我が家の味噌はあわせ味噌
僕にとって最高の味噌汁だ

この世で一番おいしい味噌汁

今日もありがと ご馳走様でした

明日も これからも ずっと・・

まったり

まったりしている

今年の10月はまったりしている

これでは いかんと 何かをしようとしても

結局最後は、まったりしている

庭先の夕顔は もう秋だというのに

深夜遅くまで咲き誇る

そんなに おまえが頑張ってるのに

わぇは まったりしてる

頑張らなきゃと思うが

誰かがなんとかしてくれるのを 待ったりもしてる

そんな間に 今年も終わってまうんやろうなぁ

まったりしている

まったりしている

まったりしている




奇跡のおっさん

今日は 40過ぎの 熱い 奇跡のおっさん
今西太一さんのライブを見に行ってきた。
この前 藍田君のイベントで知り合った
SEでトムウェイツを使うあたりが最高にいいチョイス!!

太一さんの懐のでかさやろなぁ
人見知りの わぇが 普通に話せた おおきに
知り合わせてくれた 藍田君ありがとね~

太一さんのライブは 
心のアカや濁りを
荒目のゴシゴシタオルで洗われてる感じやな
気持ちええぐらい ゴシゴシされた
ゴシゴシされるねんけど 何でか じわ~んって泣けてきた。
気持ちええライブやった。

みんなにも是非体感して欲しい
ほんま ものごっつぅゴシゴシされるで~
 
太一さんはきっと男に惚れられる男やな
うれしないやろけど(笑)

ライブの後 たこ焼きを食いながら
いろいろ ええ話を聞かせてくれはった。
おまけに太一さんおごってくれた がはは
腹いっぱい食った ほんま ご馳走さんっす。

また 必ず一緒にやりましょう

感謝

20061007055733.jpg

プチおっさんの憂鬱

団塊の世代Jrの僕達は
右へ習えと 育てられ
反対に行こうとするならば
誰もが 揃って鼻をつまんだ

団塊の世代Jrの僕達が
大人になる頃を 見計らって
シャボンは見事に壊れた
液が目に入って 何も見えなくなった

団塊の世代Jrの僕達が
路頭に迷っている その間に
時代は個性を抱きしめて
右へ習うものを 蹴飛ばした

団塊の世代Jrの僕達が
乗った船は何処へ行くんだい
船は今にも 日々増える憂鬱と
煮え切らぬ想いで沈没しそうだ

団塊の世代Jrの僕達の
熱くもなく冷めきれない 嘆き歌
演歌でも ラップでもない
ロックでもない クタクタのJ-POP 

団塊の世代Jrの僕達は
右へ習えと 育てられ
反対に行こうとするならば
誰もが揃って鼻をつまんだ
もう昔のこと・・・昔のこと・・・

SOR(A)

前にも書いたけど
今年の正月から月初めに決まって
神社参りと墓参りをしてる。

理由は無いが行くと気持ちよくなって心が安らぐ。

それはまるで
宇宙を飛んでるような
洗いたての毛布でくるまれてるような
めちゃ気持ちええSEXしてるような
幼き日の景色に戻ってるような
唄がみんなに届いた空間のような

その名のとおり神秘的な空間やなぁ
不思議と優しい気持ちにしてくれはる

初めは何も感じなかったんやけど
何度も何度も 御参りするようになって
そう感じるようになった。
なんかうまくは言われへんけど
空と心が共鳴して
なんや声が聞えるんやなぁ

そのせいかどうか解らへんが
最近では花や草に話しかけてしまったり
お天道様に話しかけたり・・

子供の頃 そんな おっさんや おばはん おったなぁ
変わった奴やと思っていたが
自分がそうなってしまった。

今思うと おの おっさん おばはんは
ものすごく気持ちよかったんやなぁと理解できる。

ミュージシャンがよく
才能の限界やらなんやらで
ドラッグに手を伸ばすよね
あれ卑怯やしナンセンスやね

行き場に困ったら薬に行かず
神社や先祖に会いに行け 

きっとそれ以上に気持ちよくなれるど~

「SEX!ドラッグ!ロックンロール」は、もう古い!

これからの時代は

「SEX!お参り!ロックンロール!」+「アボガド」や!

そこんとこ よろしく

10年先

人生を完璧に設計できて
その設計どおりに歩んでいる人間に
わぇは出会ったことがない。
そんな味気ない人生なんてこの世に存在しない。
by TOZY

若い頃によく「10年後の自分を想像しろ」と
口うるさく言われたもんや。
10年前の自分はといえば
25歳までは、夢を追いかけて
夢が駄目なら、スパッとあきらめて就職して・・
今思えば 何とも ぼやけた人生設計
何一つ思い描いたとおりにはいってない
そやけど 今の自分は結構好きだったりする
まさか この歳まで唄ってる自分は
あの頃は 描けてなかったなぁ
逆にそんな奴を見て 往生際が悪い奴と罵ってたな

10代に思い描く将来と幸せ
20代に思い描く将来と幸せ
ほんで 今の30代 40代 50代 60代・・

変わり続ける
変わり続けるね
変わり続けて
1周したりしてね

10年後の自分は何してるんやろね?
10年後の自分が今の自分をダボがぁ!!と罵る可能性もおおいにある

今思う 今の想いが
一番正直で 一番正しい
自分がうなずけるけたなら
この道は いい道や

ひとつ確かに言えるのは
やっぱり10年後もうなずきたいなぁ









キラリ

腐るほどある
歌の中で
キラリとひかる方法を
考えていたら
目が覚めてしまった

ヒットチャートに群がる
耳たちも
童謡を聴いて涙する
熟した心にも響く

50年先にも
どこか懐かしく
心地のいい
尚且つ斬新な旋律と
深みのある言葉で

そんな唄が
キラリと光るんだろう

そんなん

意識しては無理なので

とにかく

作りつづけて

唄うのみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。