*帰ってきた TOZY official blog*

~ 続・ずんべらぼん で がはは な 日々 ~

TOP | RSS | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラワルツ(仮)

のどかな日差し でも まだ少し冷たい風 頬をなでる 
今年も春は訪れ あの丘に咲く 君に会いに行く

急な坂道 薄紅並木のトンネル
自転車 立ちこぎで 登りきった僕に 君からのプレゼント

ゆらゆらゆらり 憂愁に舞う花びら
ゆらゆらゆらり ゆらゆらり
ゆらゆらゆらり ゆらゆらゆらり
僕は無力になる

花見客も みんなもう帰ったよ まだ君は踊り続けるの?
忘れる 僕らは忘れてしまう その度 君は唄う「ただ咲けばいい」と 

一人だけの観客 午前3時の夢芝居
儚く咲いて潔く散る物語 何度も繰り返すカーテンコール

ほろほろほろり 舞う花びらは涙
ほろほろほろり ほろほろり
ほろほろほろり ほろほろほろり
「一緒に踊りましょう」

ゆらゆらゆらり ゆらゆらゆらり
ゆらゆらゆらり ゆらゆらり・・・
s6111.jpg

スポンサーサイト

魚拓

脳みそという釣堀で

別に大物を狙うわけでもなく

「本心」という魚が食いつくのを待っているんだけど

釣れるのは ええ格好しいという魚 ばかりで

本当に釣りたい魚は まだ釣れない

日はすっかり 暮れてしまったけど

自分を見つめるには いい機会だ

もう少し ねばってみるとするかの~

あとひといきであることを願いながら・・・・

ちなみにこないだ 釣れた 魚拓はこんな感じ
20070329003727.jpg

feel so good

こんな考え方もありや と ふと 思った・・・

目に映るもの
耳に聞こえるもの
鼻に香るもの
手で触れるもの
感じるものは すべて 自分が感じたもので
もしかしたら その真実は 
もしかすれば まったく異なるかもしれない

わぇが 32年生きてきた体が感じた世界を
形にして放つ世界を

誰かがキャッチして その誰かが 自分の歩んだきた体で
また何かを感じて

伝えたい何かがあって 形にするんだけど
その形をそのまま 伝えれてるか 伝えれてないかより

誰かが 何かを感じたという奇跡が なんだか素敵

歌は 料理みたいだと思ってたけど

遠くから見たら 素材なのかもしれん

感じた人が感じたように歌を料理したらええねん

ほんでもって できあがった料理をお客さんと一緒に

「おいしいなぁ」と笑って食べる風景

家族の食卓 バーベキュー大会 鍋パーティー 

そんな音楽を奏でたい

がはは

心・技・体

強さとは 恐さを知った向こう側にある by TOZY

スケートには あんまり興味はなかったんだけど
トリノの影響もあり何となく眺めだしては
最近は わりと楽しんで見ている
かと言って 難しいことは解らないから
自分のものさしで眺めてるんだけど
真央ちゃんも 美姫ちゃんも キムヨナも すごいなぁ
技のすごさはわからないけど
あの歳で あの空気やプレッシャーの中 演技する精神力
まだ若いけど みんなちゃんと怖さを知ってるねんなぁ~
怖さを知った上で あの演技やから ほんまにすごいなぁ
どんな 心臓してるんやろなぁ うらやましい がはは

学生時代によく口うるさく 心・技・体と教えられたっけなぁ

今になって 身にしみる言葉やなぁ がはは

ようできた 言葉や

まぁ それにしても アメリカのスケート選手が
ジャンプを決めた後にする「どや顔」は素敵ですね がはは

どこでもドア

心のドアを開けて待ちましょう

それは「どこでもドア」になる

自分で押したり引いたりしなくても 

どこでもドアから仲間が遊びにくるよ

だから心のドアを開けて待ちましょう




ドライブ

Ah~ 幸せってなんだっけなぁ?
見上げては 空に尋ねる
Ah~ 日替わりな真実のアンパンを
神様は空から垂らしてる

心の中を空っぽにすれば
そこには 空が生まれるよ

Hey brother
ポンコツだけれど ドライブに行かないか?
お気に入りな名曲を奏でながら
何のジャンルもない 何の矛盾もない
幸せという空っぽの宇宙へ

Ah~ それでもやっぱり繰り返す
愛しく欲深き生き物です
Ah~そんな足跡でできたアカシックレコード
神様はプレーヤの針を落とす 

半分だけ あきらめてごらん 
そこにも 空が生まれるよ 

Hey baby
ポンコツだけれど ドライブに行かないか?
お気に入りの名曲を唄いながら
何のジャンルもない 何の矛盾もない 
幸せという空っぽの宇宙へ

kiss イベントの模様

こんな感じでした。
U.K.さんは男前でした そして しゃべり さすがでした
勉強になりました。 
写真にはないのですが KOBE WALKER 窪田編集長 
かなりおもろいです!がはは 素敵や!
そして3月28日から 月間に変わるKOBE WALKER
かなり 面白くなりそう 表紙がいきなりコザック前田って!
それだけで 編集長のこと好きになりました がはは
みんなも 見てね
アスピア明石さんも 素敵なショッピングモールでしたよ!!
明石に来るなら 明石焼きとアスピア明石!!これで決まりです
そして 今回のイベントでずっとわぇの担当をしてくれてた
Kissスタッフの大西君!! 本当にいろいろありがとう!
お互い がんばろうね!感謝

DSC00996.jpg


DSC01001.jpg


イベント終了後 U.K.さんと 
同じ歳なのに かなりTOZYおっさんです がはは
u.jpg

ええ加減

白黒 はっきりしながら

ええ加減な男になりたい

感情に身をゆだねながら

宇宙に身をゆだねながら

車にアクセルとブレーキがあるように

春夏秋冬があるように

かたよる時はおしりをだして

これこそは正しいなんてもの ぶっ壊して 

おしりをだしながら ぶっ壊して

これこそが正しいと言える 今を叫びながら

実は怯えているくらいがええ

たまには おしりをだしながら 熱く夢を語り

たまには おしりをだして 愛を語り

むらむらしたなら 全部脱いだり

そこに愛はある そこに夢はある

これこそは正しいなんてもの ぶっ壊して 

おしりの割れ目に挟んだりしちゃって

白黒 はっきりしながら

ええ加減な男になりたい

感情に身をゆだねながら

宇宙に身をゆだねながら

ブラックも 牛乳もいいけど

わぇはあつ~いブラックに つめた~い牛乳入れた

ぬく~い 珈琲が好き

頑張ってる人や

一生懸命な人を見ると

その姿だけで 尊敬に値する

もちろん 仕事になれば

それだけじゃない問題はいっぱいあるけど

表現だけを見ると

やっぱり うまい下手じゃないよなぁ

わかりきった顔して 表現してる人なんかより

格別にええよ

ダイレクトに 音が前に飛んでいる

人それぞれ 価値観が違うから 

わぇの価値観が正しいなんて思わないけど

一生懸命 頑張ってる奴の表現は やっぱり美しいなぁ

そして そんな自分の価値観を大事にしたいなぁ

ありがとう


おかんがCDを聴いた日

おかんは 最近歌にこっている

喜ばしい現象である

なので ささやかではあるが 安物のCDラジカセをプレゼントした

CDのことを「ちぃ~ちゃいレコード」と

ハイセンスなネーミングに変えてしまう TOZYおかんは

今年は12年に1度の幸運の年らしい

「だから 乗っとき」と言っていた

がはは

「乗っとこう」

今日 初めてTOZYおかんは TOZY CDを 聴いたのだった

がはは

まわって つながって

不思議に思う人もいるんだろうけど

わぇにとっては

とても気持ちのええ二人なんだなぁ

ごろっぴあさんは

ぴあぴさんが 興味深いことを話してたなぁ

「目に映ったり 聴こえたり 感じたりする

すべてが 今の自分を映してる」みたいなことを

ごろさんも わぇが心に思ってることと同じこと話してたなぁ

「僕らの中に宇宙がある」みたいなことを

人間って同じことを考えてる人に会うと

自然に嬉しくなって共鳴するんだよなぁ

ライブが終わって ええ気分のまま 

家に帰って TVをつけたら

手塚治虫の特集をやっててね 

今日ライブで感じた 空気と同じ言葉や同じ感覚を

手塚治虫さんも言うてはって

TVを通じて もうこの世にはいないのに

確実に存在している手塚さんと 心が共鳴した

ぴあぴさんの言葉を借りれば

この感じは ええ感じなんや 

「わぇ大丈夫 がはは」って

不思議にそう思えた ありがとう

だから気分がいい

気分がいいから 気分がいい人から連絡があって

壮馬が コンテストで審査員特別賞を頂いたらしく

気分がいいから 素直に一緒に喜べるよなぁ

壮馬 ほんまおめでとう!!がはは  

昨日たまたま 気持ちのええ人の話を書いたんだけど

昨日のブログから ぴあぴさんの話に繋がって

この気持ちのええ 僕らの宇宙が広がっていきますように

ちなみに只今脳内BGMは

井上ヤスオバーガーの「ダエンノラセンヲノボルノダ」が流れています

がはは

感謝

気持ちのええ人

気持ちのいい人に 会えばいい

きっと いい気分にさせてくれる

心の曇りを 晴れさせてくれる

気持ちのいい人は 

何故か いっつも 笑っている

何故かはわからんが

いっつも 笑って わぇを迎えてくれる

ありがとう

わぇも笑っていよう がはは

これでいいのだ

感謝

親友からの贈り物

pi.jpg


山梨に住んでいる 画家の親友から
すごいプレゼントが届いた
「結婚祝いに 玄関に飾ってくれ」と贈ってきた

がはは 

とにかくでかい

今の我が家の玄関では 収まらないなので 頑張って出世します

彼は わぇがデザインの学校に通ってた時の同士

わぇは音楽の道に 彼はアメリカに修行にって
19歳の時に 一緒に学校辞めた
アメリカを旅した時も 彼と車でただただ走り回った
ちなみに 二人とも尾崎豊が大好きだった(笑)がはは

あれから月日は流れて お互いの状況も立場もちがうけど
わぇは唄って 彼は描き続けている

まぁ彼の方が だいぶ出世してるけどね
ヨーロッパでは いくつも賞を獲得してる
この絵も「せっかくだから コンテストの賞付きにしてやったぞ」と
わざわざ フランスに出品してから 賞をとって
我が家にやってきた来た 格好よすぎる演出である
プレゼントの逆輸入は初めてだ がはは
だから ほんとは1枚 数百万するんだって
だから 買い手がないらしい がはは 頑張れ!

でも 嬉しいなぁ 同じ志をもった友が
いろんな分野で芽をだしてきている

今日は少し疲れて帰ってきたところに
喝をいれるように届いた親友の絵

おまえは さすがやなぁ と
おおきな意味で 思ったよ
おまえは最高や

おおきに 

それにしても でかいなぁ

感謝

初心

たとえ スーパースターになっても

お客さんは大事にしたい!がはは by TOZY

先日 わぇの知り合いが
読売巨人軍の宮崎キャンプを応援しに行った時の話

練習を終えた ある選手に
熱烈なファンである我が子の為にお母さんが 
サインを頼んだところ完全に相手にされなくて
その選手は 記者が差し出した手袋にだけサインをしたらしい

わぇも昔は この巨人の選手みたいだったなぁ がはは

時を同じくして

その時 福岡ダイエーホークスも
宮崎でキャンプをしてたみたいで足を伸ばしたところ 
ダイエーのキャンプ場にはファンじゃなくても
楽しめる工夫が沢山あったらしい。
そして監督の王さんは
サインを頼まれたファン2千人にサインを書いたらしい

同じような話で

「千の風になって」でブレイクした秋川雅史さんは
デビューの時から 欠かさずやってる決め事があるらしい
ライブ終了後 聴きに来てくれた お客さん全員と
聴いてくれた お礼を込めて 出口で握手をするらしい
今 彼のライブに来るお客さんは 何千人
それでも デビュー前と 変わらず それを続けてるらしい

比べるには まだひ弱な自分です がはは

わぇのライブと言えば
会場がいっぱいになってしまうこともなく
少ないときには お客が1人の時だってある がはは
だから 握手だって サインだって お茶の子サイサイなのだよ
たまに 頼まれてもいないのに 自分から握手する時もある始末 
がはは そんな自分は大好きだ

別に握手やサインが素晴らしいわけじゃなく
感謝の気持ちが素晴らしいぜ
その心があれば 形はなんだってええ

来てくれた人が 来て良かったと
思ってもらえるように これからも唄っていきたい
まずは 握手する人数増やさんとね(笑)がはは

仮に この先
もっと もっと忙しくなっても(そう願う) 
ライブ会場に お客さんが溢れても(そう願う)
超売れっ子になっても(やっぱり願う)

王さんや秋川さんみたいとは いかないでも

初心は忘れずに 媚びることなく できる範囲と真心で!!

お客さんがいるから わぇは気持ちよくなれるんやから・・

お客さん いつも ほんま おおきに!

感謝

博士の愛した数式

「eΠi+1=0」は

無限に広がる浪漫

やっぱり 万物は宇宙だ

そして わぇらも宇宙だ

「eπi+1=0」を置き換えると「eπi=-1」

「eπi」に1を足すから0になるんや

だから やっぱり

無だから 在なんや

イメージは やっぱ 宇宙や 

よかった嬉しい

がはは

この数式はすごいっす

感謝

足りない頭で 考えても しゃないから

思い浮かぶことを

少ない引き出しから 全部出して

潔く やるのみ

あとは 神さんにまかせてる

それでええよ

それでええよ

と 

ひ弱な自分を言いなだめながら

潔く

携帯電話でテトリスをしながら

天命を待っている

この緊張と緩和

がはは

エール

頑張れ
頑張れ
頑張れ

頑張ってるおまえに

贈る言葉は

やっぱり

頑張れ

きっと頑張ることに疲れるから

少しさぼれ

少し休め

ほんで また 頑張れ

やっぱり 頑張れ

頑張ってる奴は 美しい

泥まみれでも 美しい

頑張れって言葉は 

多用するもんじゃないらしい

がはは

そんなん知らん

頑張ってる 奴には

わぇは エールを贈りたい

頑張ってる奴は 美しい

頑張れ
頑張れ
頑張れ
頑張れ

おまえは 美しい

二人のAKIちゃん

わぇにとっての恩人

彼女達に会ってなかったら 今の自分はおらへん

右 パーカッションaki

わぇに音楽の厳しさと楽しさを教えてくれた

左 ローラあき

わぇに 人のあたたかさを 教えてくれた

この二人には頭が上がらへん

わぇにとっては すごい 二人やで ほんまに

ほんま ありがとう 

少し照れるので ここで言うわね がはは

感謝

W-AKI.jpg

水曜接音倶楽部

こないだの水曜接音倶楽部で感じたことがあってね

あれは かなり難易度の高いセッションデー

一つ間違えれば 雑音のパルプンテ

でも 平和になるための 普遍的なヒントが落ちてるような

ラブ&ピースか それとも 音の戦争か 

結構 世の中の縮図に似てると感じたなぁ

結局のところ やっぱり 最後は愛やな 愛

勉強になりました おおきに!
 

涙っていうのは

嬉しい時にも流れるんやなぁ

心の感情が言葉にならないから

溢れるんかなぁ

泣く理由なんてないし 何でだろうなぁ

家に帰って 嫁はんがうどんを作ってくれて

もう寝るだけなのに なんでか 涙がでてきた

なんや なんや と 自分でびっくり

昔の苦しかった時 我慢してた涙なのか?

おまえは あの時の涙なんか?と 問いただす

今になって こぼれたんか? 

がはは がはは

ようやく 出てきたんやね よう頑張ったの~

嬉しい気分で 泣いてる 自分に

また 笑けて また 泣いた

うまくは言えないから

やっぱり みんな ありがとう

本当にありがとう

感謝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。